DLBCL #342(CRu+1051) PET-CT

2020-07-27 本日は昨年12月以来のPET-CT。 もはや何回目かも忘れてしまった。 ちなみにPETと言ってもこいつではない。 通常は何回もPET-CTを受けることは無いようだ。 PET-CTで使用される FDG という薬剤の放射線量が高いことで被爆による2次がんの発生が危惧されることによる。 FDGの被爆量は日本の成人が1年で被爆する1.5倍の放射線量ということなので納得できる。 小生の場合、病巣が目視や触診では見つけにくいため  再発の疑い という名目で一定期間ごとにPET-CTを行ってきた。 今回コロナ禍という中でCT台に寝ながら考えていた。 新型コロナウイルス感染症では基礎疾患があると重症化しやすいとのこと。  寛解って基礎疾患?それとも既往歴  おまけに不整脈なんつー心臓疾患もあったし。  でも、どっちも過去の話だよなー。  どーなんだろー?  ま、免疫細胞に異常があったわけだし感染したらアウトでしょ。  いや待て、免疫細胞の暴走がリンパ腫なわけで元々暴走してるのでこれ以上の暴走はないかも? 結論が出ないまま検査終了。 結果は来月の通院日に発表される。 放射能に満ちている小生は寄り道せず帰宅し巣ごもりをしていたところ、 接客業の女性から  今日呑み行かない? 危うく  行くー! と返しそうになった。

続きを読む