横須賀海軍カレー

2017-07-22 横須賀海軍カレーの老舗 魚藍亭 が閉店する。 過去に横須賀の顧客を担当していたときに何度か飲みに行ったことがある。 しかし、海軍カレーは食ったことがない。 なぜなら、横須賀で食うのはいつもあなご天丼だったからだ。 ググッてみた。 ありました 天丼の岩松!! あなごが立ってます。 なつかしい。

続きを読む

函館散歩 その1

コースとしては 函館駅 → 朝市 → 赤レンガ倉庫 → 十字街・末広町周辺 2.5~3Kmのコースです。 帰りは市電に乗ります。一日乗車券があり、市電を利用しての観光にはお得です。 乗り方は、電停で中乗り(乗車位置の掲示あり)通常は整理券を取り降車時に 清算。一日乗車券の場合は整理券を取らず降車時に乗車券を係員に提示します。 写真のようなクラシックなものや近代的なトラムのようなものが混在しており どれが来るかも楽しみの一です。 八幡坂(市電末広町) テレビや映画でよく見かけます。実際に歩いて上るとけっこうきついということが わかります。坂上から海を見降ろす景色は絵になります。 函館山(市電十字街から徒歩でロープウェイ山麓駅へ) 天気が良ければ、函館市街を見降ろすと市の両側に海が広がるすばらしい景色。 反対側は下北半島が見えるそうです。またここからの夜景はほんとうにすばらしい と聞きました。あいにくの天気でちょっと残念でした。 その他の見所 旧イギリス領事館やカトリック教会など 市内各所に洋風建築が保存・復元されています。建築に興味のある方は末広町・元町 周辺の散歩をオススメします。

続きを読む

函館散歩 その2

函館の各所の写真をUPしておこう。 空港からバスで約30分で函館駅着。距離にして12~3Kmでしょうか。 帰りは空港まで2時間ほど歩いてみました。歩いて空港入りしたのは 初めてです。 機内から見た函館駅 土方最期の地 一本木関門(函館駅から徒歩10分) 1869年5月11日 ここで銃弾に倒れたとされている 五稜郭タワー(展望台有料)(市電五稜郭公園より徒歩10分) 1階に土方の立像、展望台に坐像が展示されています。 五稜郭内 函館奉行所(入館有料) 近年復元され公開されています。非常にきれいな建造物です。

続きを読む

大門横丁

古き良き函館。 その期待は見事に裏切られた。 函館駅前の目抜き通りはシャッター商店街だった。 なんとかしなkればならないと立ち上がったのが「大門横丁」だ。 筆者のお勧めはいか家さん。 ママさん・マスターがとてもきさくな方で、ホッとする時間を過ごすことができた。 お店の名前のとおりイカ料理がとてもおいしい。 ・イカの沖漬け ・イカ墨餃子 はぜひご賞味あれ。 この大門横丁は路地からお店の中もよく見えるので、女性でも躊躇なく入れます。 初めてお邪魔したのにすごく居心地の良い空間で、行き付けの店のように歓迎して くれました。 いか家さんには2夜続けてごちそうになりました。 あっ、写真取るの忘れてた。忘れる位居心地の良いお店です。 また函館に来ることができたらふらっと寄りたい一軒です。

続きを読む

土方歳三という男

日本人なら誰でも知っている、新撰組副長 土方歳三。 享年35歳、最後まで戦いに生きた男。 男のロマンを感じませんか? 結果としては負けてしまいますが、最後まで勝利を信じて戦い抜いた。 今となっては歴史の1ページでしかないのだが土方のように生きたいと 思う男は多いと思う。 筆者のような古い人間は、「戦いの中で生きることが幸せなのだ」と勘違い? したまま生きている。 味方の劣勢を挽回すべく出撃し銃弾に倒れてしまうなんてあまりにもドラマティックだ。 土方最後の地と言われる「一本木関門」 に立ち寄り大門横丁へ向かう筆者であった。

続きを読む

はぁ~るばる来たぜ!函館

函館に来ました。 GWの代休とマイルで航空券が取れたので、予てから見たいと思っていた 五稜郭 に行ってみました。 五稜郭内部を歩いて見ると昔の"お城"なのですが、石組みの技術がよく わかる。 外堀はそこそこだが内堀は切った石がピッタリと合っており、紙一枚入らない ような組み方だ。 外にある五稜郭タワーから俯瞰で見るとその造形は「すばらしい!」の一言。 150年前の設計ながら、巧みな測量技術で見事な星型になっている。 ほんとに来てよかった。

続きを読む

言葉の壁

シンガポールの公用語は基本的に英語ですが・・・・。 シンガポールは華人系70%、マレー系20%、インド系10%と 言われています。 イギリス領であったため英語が公用語となっていますが、華人 であるため発音やイントネーションが英国系とかなり異なります。 発音は英語の発音より、日本人がローマ字を読んだような発音 の方が通じ易いような気がします。 イントネーションは中国語っぽい変な強弱があるので聞き取り 難いのが特徴です。 したがってシングリッシュとも言われる独特な英語が使われて います。 また、インド系の英語はシングリッシュ以上に聞き取り難いので 相手の話を聞くときはじっくりと、聞き取れないときは ワン モア プリーズ で再度話してもらうことをお勧めします。 こちらが言いたいことは単語をローマ字読みではっきりと話せば 通じることが多いようです。 変に丁寧な言い方などしない方が良いでしょう。 ま、丁寧な英語が話せるくらいならこのページは読んでいません よね。

続きを読む

京成スカイライナー

2010年夏に開業した京成スカイアクセス線を走る新型列車です。 乗り心地はJR東日本の成田エクスプレス(NEX)より良いと思います。 特にシートが格段に良いと思います。 NEXのシートはクッションが薄くてケツが痛くなりますが、新型スカイ ライナーのシートは座り心地が良くできています。 残念なのは全席禁煙ってことです。 旧型スカイライナーは喫煙車両があったのに・・・。 時代の流れですね。 京成電鉄

続きを読む

エアバスA-380

11:30成田発のシンガポール航空SQ637です。 でかい機体で、ほんとに飛ぶのか?と思わせるほどです。 画像では大きさがわかりませんが、胴体の高さと片側2発の大きなエンジン が目を引きます。 上層に繋がっているポーディングブリッジはファーストクラス専用です。 一度渡ってみたいものです。 エコノミーとしては可もなく不可もないシートです。 電源も使えるのでパソコン利用に便利です。 また、OpenOfficeが使えます。コントローラーの背面がキーボードになって おりカルクなどが使えます。USB端子があるのでストレージとして使えるの かもしれませんし、日本語入力はできるのかも不明です。

続きを読む

ボーイング767-300ER

帰国便としてNH152便羽田着に使用されていた機体です。(2010年11月) 成田発の新造機と同じだと思っていたらやられました。 シートは狭い、電源は無い。 22:00時現地発、翌朝羽田着でしたが一睡もできませんでした。 月曜早朝に帰国してそのまま午前中の会議に出席、最悪のコンディション だった。 まぁ、会議での筆者の立場がそれほど重要でなかったことが幸いでした。 羽田は近いのですが、7時間の缶詰にこの機体は耐えられない。 エコノミーならもう乗らない!、遠くても成田から行くと心に誓った。 ビジネスクラス使わせてくれよぉ~。

続きを読む

ボーイング767-300ER 新造機

成田発のNH111便の機材です。(2010年11月) 主翼端部の大きなウイングレットが特徴です。 ウイングレットの効果としては翼端での剥離や乱流を防ぐことで抵抗を 抑え燃費向上をもたらすものです。 詳細については航空力学や流体力学を調べてください。 とにかく一目見ただけでわかる機体です。 乗り心地はと言えば、シートピッチが3インチ広がったこととシート本体の 改造でヒザ付近がかなり楽になっています。 足を組んだりヒザを立てたりと約7時間のフライト中に楽に姿勢を変える ことができます。 また、各席に電源が用意されているので機内でパソコンが利用できます。 最新のパソコンならバッテリー8時間駆動できるので電源がなくても問題 ありませんが、ネットブックや旧型PCでは2~4時間が限度なので電源は ありがたいサービスの1つです。 他には「Mail」というメニューがありましたが、サービスは稼動していない ようでした。また、シート間メール?のような機能があり機内のシート間 でチャット・メールができるようです。試してみたい欲望にかられたのです が、グッと堪えました。次回はやってみようと思います。 エコノミークラスとしては最強のシートだと思います。 ANA https://www.ana.co.jp/int/svc/jp/y/

続きを読む

ケータイ&通信事情

シンガポールはケータイやインターネットが発達していると言えるでしょう。 技術的にはパフォーマンスが悪かったりもしますが、都市部全域で無線 LANが使えます。 まずケータイですが、日本のケータイの多くが使用できます。ただ、料金は あとで請求を見てびっくりします。 出来ればSIMロック解除されたケーターイを持っていくことをお勧めします。 現地でプリペイドSIMを買って使用すればかなりお徳です。 例)シンガポール→日本 docomo 約230円/分 singtel 約65円/分 docomoはiモードも使えますが料金を考えると・・・・。 SBMは知りません。 auも一部GSM対応機種は利用可能ですが、ezwebやSMSは使えないことが あります。 筆者はソフトバンクのケータイをSIMロック解除して持っていきました。 結果3台持ちとなり、docomoはメール着信専用、auは音声着信専用、現地 SIMで現地でのSMS・音声通信・日本への発信専用となりました。 はやく日本のキャリアもSIMフリーになってくれればスマートホン1台ですべて 解決できるのに。 プリペイドSIMはコンビにニやショッピングセンターにある各キャリアのショップ で購入することができます。その際パスポートが必要になります。 singtelなら "Hi card" と言えば購入可能です。 I want prepaid SIM. Give me Hi-Card. で通…

続きを読む

前準備

シンガポールへ持って行くと便利な物を紹介します。 1)服装 外やショッピングセンターでは1年を通して半袖でOKです。 MRT内部も適度な温度に保たれていますので問題ありません。 しかしながら、一部の施設では異常と思えるほどエアコンが効いています。 多くのガイドブックには何か羽織る物を1枚と記述されていると思います。 確かに1枚あった方が良いのですが、女性なら春物のセーターなどをお持ち だと思いますが、男性はお洒落な方でないと持っていないことがあります。 そこでお勧めなのが、長袖のドライシャツを持っていくと良いでしょう。 暑ければ袖まくり、寒ければ袖を伸ばしていればほとんどのエリアで快適に 過ごせます。 追記:シンガポールのファクトリーやオフィスではエアコンが各所個別の制御 ではなく集中制御のところが多く、ミィーテングルームだけ温度を下げる・上げる ことができないためです。温度調整すると同じフロアの別セクションのヤツが 寒い・暑いと言い出します。 2)ポケットティッシュ 食事の時の必需品です。 ホーカーやフードコートでの食事ではスプーンとフォークを巧みにつかって 肉と骨を分けたりしますが、エビの殻などは手づかみになることもしばしば で、その他にも手が汚れる物が多数なので恥ずかしがることなく手づかみ でバリバリ食べます。よってポケットティッシュが必需品なのです。 現地でもコンビニで売ってますが日本ならタダで配ってるじゃないですか、 これを有効活用しま…

続きを読む

お金

お金について 出国ゲートを出るとすぐ両替があります。 観光や短期滞在なら1~3万円くらいシンガポールドル(SGD)に両替しても 良いでしょう。 ホテルへのタクシー代やMRTの利用に小額でもSGDを持っていることをお 勧めします。 空港だからと言ってレートもさほど悪いわけではありません。 2010-11-24のレート 1 SGD = 64円前後 種類は コインが 5c 10c 20c 50c 1SGD (cはセント)の5種類で額が大きくなるに つれてサイズが大きくなっています。 ただし1SGDは20cとほほ同じサイズですが8角形となっています。 紙幣は 2SGD 5SGD 10SGD 20SGD 50SGD の5種類です。 小額の買い物で50SGDを出すと嫌がられることがあるので、小額紙幣が 減ってきたらタクシーやホーカーで20~30SGDの精算時に50SGDを崩して おくことをお勧めします。 もし、SGDがなくなっても観光エリアやショッピングセンターなら必ず両替所が ありますので心配する必要はありません。 必ずレシートをもらうようにしましょう。 「レシート プリーズ」で通じます。 普通は何も言わなくてもレシートと一緒に現金を渡してくれます。レシートを 出てこない場合、ごまかされている可能性があります。 レート・信頼感でのおすすめはムスタファ・センターのエクスチェンジかなぁ。

続きを読む

ホーカー&フードコート

ショッピングセンターには必ずフードコートがあります。市内各所にホーカーと呼ぶ フードコートがあります。 オーダー方法は完全セルフとセミ・セルフがあります。 ショッピングセンターではおおむねフル・セルフでカウンターでオーダーして出来上 がったものを自分でテーブルまで運びます。 セミ・セルフはカウンターでオーダーしてテーブルについている番号を告げると持って きてくれます。支払いはオーダー時かデリバリーされた時に都度支払いと思ってくだ さい。飲み物はホーカーやフードコートの中央で売っています。飲みたい物をオーダー するか、缶が積んであるので飲みたい物を持ってキャッシャーで精算します。 オーダー方法ですが、カウンターの上のカンバンに写真つきで掲示されています。 英文表記もされていますので中学生程度の英語で読めると思います。 指を差しながら英文を読めば伝わるでしょう。時々サイズを聞いてくることがありま すが、  スモール ・ ミッド ・ ラージ で通じます。また、スパイシー?と聞いてくることもありますが、辛さの調整なので 辛いものが苦手な人はノーとだけ言えばOKです。 ほとんどの料理に辛味調味料が付属してきますのでそれで自分好みに調整します。 観光エリアではメニューを持ってきてくれますので、写真を指で差せばオーダーで きます。 食べ終わった食器はそのままにしておけば片付けてくれます。 ポケットティッシュが必須です。大きなホーカーではティッシュを売り…

続きを読む

シンガポールに短期滞在や観光に役立つ情報

シンガポールに短期滞在や観光に役立つ情報を書こうと思います。 筆者自身がこの数年、シンガポール出張のたびに体験してきたことを書き連ねる ものです。 1回の出張で4~5日滞在し、17時以降に行くところや休日1日で行けるところなど がメインです。 食事についてはどの店?までは掲載しません。一部を除いて何度も行ったことが ある訳ではなく、あくまで通りすがりやローカルとの食事に出かけたところだけなの で店の名前まではチェックしていないからです。 また、筆者は東京出身なので食べ物については濃い味のものが好みであり、本 サイト中のコメントは「東京人の味覚」で感じたことを表現したものです。好みにつ いては個人差がありますので参考と思って下さい。 間違ってるぞ!と言われるネタもあるかも知れませんがあしからず。 補足説明歓迎します。ディープなネタもどうぞ。 シンガポールわがままマップはここに登場する各所をマーキングしたものです。 セントラルからイーストに偏っていますが出張での行動範囲ですので狭いエリア ですが参考にしていただければ幸いです。

続きを読む

チャンギ到着から入国

チャンギ到着から入国 機内でEDカードをくれますが、搭乗前に記入しておくことをお勧めします。 EDカードは成田・羽田のポーディングブリッジ(搭乗口)でもらうことができます。 係員に 「EDカード下さい」 と告げると 「機内でもお配りしますよ」 と言われますが搭乗前に書いておきたい旨を伝えればもらえます。 ANA/JALであれば日本語版がもらえると思います。 ●シンガポールのED(出入国)カードの記入例 パスポートとチケットを見ながら記入すれば簡単です。 1: 姓(パスポートと同じスペルをブロック体で記入) 2: 名(パスポートと同じスペルをブロック体で記入) 3: 性別(男性:Male・女性:Female) 4: パスポート・ナンバー 5: パスポートの発行地 6: パスポートの有効期限(日・月・西暦) 7: 出生地(国名) 8: 生年月日(日・月・西暦) 9: 国籍 10: 搭乗便名(入国時) 11: 現住所(市) 12: 現住所(県) 13: 現住所(国) 14: シンガポール入国直前の乗機地 15: 次の降機地 16: 滞在先 17: 滞在日数 18: 過去6日間にアフリカまたは南米に行きましたか? 19: 過去に現在と異なる名前の旅券でシンガポールに入国したことはありますか? ※ 旧姓で入国したことのある人は“YES”にチェックしてください。 20: YES…

続きを読む