いつの間にやら悪性リンパ腫

アクセスカウンタ

zoom RSS DLBCL #280 (CRu +363) 防災

<<   作成日時 : 2018/09/08 09:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2018-09-08
北海道地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。
平穏な日々が一日でも早く戻りますようお祈り申し上げます。

落ち着いたら「観光」という形で微力ながら復興に協力するからね。


さて、この国で暮らす上で逃げることができないのが天災だ。

 地震・カミナリ・火事・オヤジ

火事とオヤジは人災かもしれないが、他にも火山噴火や風水害など。

東日本大震災のときにも電力不足となったが、そんな時にためにあると便利なものを紹介しよう。

日本人なら多少の食糧と水は買い置きしていると思う。
が、電気は買い置きができない。

そんな時にお勧めなのが

 無停電電源装置、通称 UPS。
画像

我が家に2台配備している。

普段は、1台にルーターやスイッチのネットワーク装置。
2台目にはファイルサーバー(NAS)を接続している。

画像

もし停電してもノートPCやスマホで数時間はネットワークが稼働できる。
スマホの充電も可能であり、小型のLEDランプなどを駆動してもよい。
内蔵のバッテリーが3〜5年で寿命がくるので、バッテリーだけ交換するか、買い替えればよい。

もう1つは

 車用増設USBポート
画像


シガーソケットから取るタイプではなく、アクセサリーラインから12Vを取り出すもの。
シガーソケットタイプでは車の中でしか使えないが、回路から取り出すタイプならバッテリーがどこにあっても接続できる。
つまり車からバッテリーを外してUSBポートを室内に作る。
ここからスマホが充電できる。さらにLED照明などなどを使用してもよい。
シガーソケットタイプでもケーブル切って繋げば同じと思われるかもしれないが、ソケットタイプの場合、変圧回路がプラグ内に収まっているものがあり、ケーブルを切って繋げばよいというものではないので電気の知識が無い場合には難しい。


実際に被災すると乾電池などが入手困難になることが予想される。
しかし室内にUPSというバッテリー、車のバッテリーという日常使用しているもので急場をしのぐことができる。


いずれにしても、家や車がつぶれないことが前提ではある。
何より生きていることが最重要課題だ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
DLBCL #280 (CRu +363) 防災 いつの間にやら悪性リンパ腫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる